雑学コラム

ヘッドホン・イヤホン豆知識 vol.11

ワイヤレスイヤホンのバッテリーに優しい充電の仕方や使い方ってあるの?

雑学コラム ヘッドホン・イヤホン豆知識 vol.11

ワイヤレスイヤホンのバッテリーに優しい
充電の仕方や使い方ってあるの?

2021 September

ワイヤレスイヤホンは便利!でも逆にワイヤレスだからこその使い勝手の面での弱点もあります。バッテリー切れです。だからこそ、そのバッテリーの寿命を縮めない、バッテリーに優しい使い方のポイントって気になりますよね?

 

ですが実は、そこはそれほど気にしないでも大丈夫。ワイヤレスイヤホンに搭載されている「リチウムイオン電池」は、充電式バッテリーの中でも使いやすさに優れる種類です。ワイヤレスイヤホンとして普通に使っていれば特に問題は起きません。

 

例えば充電池の中には、充電が空になる前に再充電する「継ぎ足し充電」によって劣化が早まり、電池寿命が短くなってしまう種類もあります。

 

しかしリチウムイオン電池は、継ぎ足し充電しても何も問題ありません。気が付いたときや空き時間などにいつでもこまめに継ぎ足し充電しておき、バッテリー切れの不安をなくしましょう。

 

それに実は、リチウムイオン電池はむしろ充電が空の状態が続くことでこそダメージを受けます。その面からもこまめに継ぎ足し充電しておいた方が安心です。

 

なお自然放電という現象によって、充電残量はイヤホンを使っていなくても少しずつ減っていきます。長期間使っていないと自然放電で充電が空になってしまうこともあるので注意!

 

リチウムイオン電池の扱いの注意点としては他に、「満充電になっても充電し続けると過充電状態になって劣化が早まる」「機器を使いながら充電すると消費と充電が細かく繰り返され続けて劣化が早まる」などもあります。

 

ですが実際には、それらも特に意識する必要はありません。

 

機器の多くには過充電防止回路が搭載されており、例えば「寝る前に充電を始めて朝に使い始める」ような使い方でも、過充電にはならないようになっています。

 

充電しながら使うのはよくないという点も、完全ワイヤレスイヤホンって使いながら充電することがそもそもできませんよね? 使いながらの充電もできるワイヤレスヘッドホンなどの場合のみ、それをできるだけ避けるように気に留めておけばよいでしょう。

 

というようにワイヤレスイヤホンのバッテリーについては、「普通に使っていればだいたい問題ない」という理解で大丈夫です。気をつかいすぎずに音楽を楽しみましょう!

 

ところでバッテリー関連ではどうしても、「うっかり充電を忘れてた!」「バッテリー駆動時間を超えて連続使用しないといけない予定ができてしまった……!」という場面もありますよね。そんなときに役立つ機能や使い方もあります。

 

まずは「クイック充電」機能。「15分間の充電で1時間の再生が可能」みたいな機能です。リモート会議開始直前にバッテリー切れに気付いた!なんてときに頼りになります。

 

片耳側だけでも使用できる仕様の完全ワイヤレスなら、「右耳側を使いつつ左耳側はケースに入れて充電→今度は左耳側を使いつつ右耳側をケースに入れて充電→」というサイクルで連続使用時間をぐっと伸ばすことも可能。片耳なので音楽再生時には向きませんが、「今日は半日ずっとリモート会議だ」といったときには役立ってくれることでしょう。


関連製品

あわせて読みたい

もっと見る