500万画素21.3型カラー液晶モニター

CL-S500 Dualstand

「CL-S500」2画面を専用スタンドで一体化したモデル 高輝度・高コントラスト性能に加え、省スペース化とユーザーに合わせた最適な医用画像表示を実現

500万画素21.3型カラー液晶モニター CL-S500 Dualstand

500万画素21.3型カラー液晶モニター

CL-S500 Dualstand

オープン価格


※オープン価格の製品はメーカー希望小売価格を定めていません。


主な特長

「iF DESIGN AWARD 2020」受賞(プロダクト分野)

国際的に権威のあるデザインアワード「iF DESIGN AWARD 2020」において、「CL-S500 Dualstand」がプロダクト分野で受賞しました。

<「iF DESIGN AWARD」について>
「iF DESIGN AWARD 2020」は、ドイツを拠点とする世界で最も歴史を持つ独⽴したデザイン団体であるiF International Forum Design GmbH が主催し、1953 年から67年間にわたり「優れたデザインの証」として国際的に認知されているデザイン賞です。賞は、「プロダクト」「パッケージ」「コミュニケーション」「建築」など7分野で構成されており、「革新性」「機能性」「信頼性」など複数の基準により審査されます。2020 年は 78名のデザイン専門家が56か国/地域から集まった7,298件の応募デザインを厳正に審査し、各賞が決定されました。


2画面の快適なポジショニングにより、最適な医用画像を表示

500万画素医用画像表示モニター2画面をデュアルスタンドで一体化したことにより、画面の高さ、上下と左右の角度を2画面同時に調整できます。左右それぞれの画面をユーザーが最も見やすい位置に調整することで、最適な輝度・コントラスト・色調を常に保てます。


机上占有面積の削減による作業スペースの拡大

同解像度の従来機種2台を並列した場合と比べて、スタンドベースの面積比を46%削減しました。机上のデッドスペースが減る分、空間が広く使え、作業スペースが拡大します。


高コントラストにより微細な変化を見逃さない

従来モデルより大幅に向上するコントラスト2000:1を実現し、マンモグラフィ画像に求められる微妙な陰影・濃淡を忠実に再現します。大量の医用画像を読影する医師の気づきを高め、作業効率向上と負担軽減が期待できます。


モニター本来の画質を引き出し、液晶パネルを守る高品位AR処理ガラスフィルター

ガラスフィルターに最新のAR処理を施すことにより、外光反射を大幅に抑制し、モニター本来が有する高解像度かつ高コントラストな画像を忠実に再現できます。また、硬度の高いガラスを採用することにより、モニター表面の美しさを保ちながら不意の衝撃・キズ・汚れから大切なモニターを守ります。


暗室での読影をサポートするReading Light

モニターに内蔵されたReading Lightで手元にあるキーボードやマウスを照らします。理想的な環境光のもと、作業が行うことができます。


マルチモダリティ画像表示に対応

モノクロのマンモグラフィ画像だけでなく、超音波、MRI、病理画像などのカラー画像表示に対応します。


モノクロ画像/カラー画像を最適な階調で表示する、ダイナミックガンマ機能を搭載

当社独自のダイナミックガンマ機能(特許第6277984号)により、画面内に混在するモノクロ画像とカラー画像をピクセル単位で自動的に識別し、それぞれの画像に最適な階調で表示します。従来モデルと比較し、モノクロ画像/カラー画像の判別の精度をさらに向上させました。超音波/内視鏡/病理/核医学といったさまざまなカラー画像を、簡単な操作でリアルタイムにかつ最適に表示します。


経時による輝度・色度変化を補正し、安定した輝度と色表示を実現

新しく搭載された安定化システムは、輝度に加え、色度もリアルタイムに自動補正します。モニター画面上にカラーフロントセンサーを固定することにより、可動式のフロントセンサーではできない色度の常時計測を実現し、長期間の使用により変化する色度を補正します。常に安定した画質を提供します。


本機単体で簡易セルフキャリブレーションが可能

モニターに接続されるPC端末の電源のON/OFFにかかわらず、本機単体でカラーフロントセンサーによる簡易キャリブレーション(輝度、階調および色情報の簡易校正)の実行が可能。また、同梱のキャリブレ-ションソフトウェア「QA MedivisorAgent LE」により、設定した日時にキャリブレーションを自動的に実行したり、履歴を一元管理することができます。


デイジーチェーン(数珠つなぎ)接続が可能

DisplayPort1.2a対応の入出力端子を搭載し、デイジーチェーン(数珠つなぎ)接続が可能です。また、本機背面に大型のワイヤーホールを装備しており、ケーブルへの負担を低減し、モニターの昇降や左右への回転もスムーズに行えます。


他モデルもデュアルスタンド化対応可能

200万画素医用画像表示モニターCL-S200、 300万画素医用画像表示モニターCL-S300、MS-S300もデュアルスタンドで取り付け可能です。詳しくは営業窓口へお問い合わせください。

主な仕様

モデル名 CL-S500 Dualstand
型名 CL-S500BG2JA
液晶パネル サイズ 21.3型
方式 IPS方式 カラー
表示画面サイズ 水平 337.9 mm × 垂直 422.4 mm
画素ピッチ 水平 0.165 mm × 垂直 0.165 mm
最大輝度 1150 cd/㎡(typ.)
※出荷設定 500 cd/㎡
コントラスト比 2000:1(typ.)
視野角 上下 178° / 左右 178°
推奨解像度 2048 × 2560
表示性能 表示色 8bit:1677万色(約4.4兆色中)
10bit:10億7374万色(約4.4兆色中)※DisplayPort入力時
インターフェイス 入力信号 デジタル:DVI-D、DisplayPort
出力信号 デジタル:DisplayPort
プラグアンドプレイ DDC2B 対応
電 源 入力電源 AC 100~240 V・50 / 60 Hz
消費電力 最大時:80 W(typ.)
パワーマネージメント機能動作時:1 W以下
機 能 キャリブレーション 輝度、ガンマ、色度の調整
※オプションのキャリブレーションキットが必要
USBハブ USB規格 Rev.2.0 準拠、セルフパワードハブ
USBアップストリームポート × 1、USBダウンストリームポート × 2
適用規格・規制 JESRA X-0093(管理グレード1A)、ANSI/AAMI ES60601-1(2005)+A1(2012)、CAN/CSA-C22.2 No. 60601-1(2014)、CE(EN60601-1、EN60601-1-2)、FCC Part15 subpart B Class B、ICES-003-B、VCCI-B適合、RCM、J-Moss、RoHS
FDA 510(k) Clearance for Breast Tomosynthesis,
Mammography, and General Radiography
物理的仕様 外形寸法 ポートレート(縦型):幅 723 mm × 高さ 517~612 mm × 奥行 224.9 mm
質 量 約18.1kg
スタンドを除く本体のみの質量は約13kg
スタンド チルト、スイーベル、パン、上下昇降
本体取り付け部 VESA準拠(取り付けピッチ:100 × 100 mm)
付属品 電源コード、DVIケーブル、DisplayPortケーブル、USBケーブル、保証書付き取扱説明書、設置マニュアル、QA Medivisor Agent LE
保証期間 5年間
  • 記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 仕様および外観は、予告なく変更することがあります。
  • 写真の色は印刷のため実際の色と異なることがありますので、予めご了承ください。
  • 画面はハメコミ合成です。

外観寸法図 単位:mm


I/F図


オプション

グラフィックスカード LV-N401

LV-N401

LVシリーズ

LV-N301

LV-N301

LVシリーズ

ネットワーク品質管理ソフトウェア

PM Medivisor (PM-001AJA) PM Medivisor (PM-001AJA)

キャリブレーションキット
(モニター精度管理ソフトウェア&キャリブレーションセンサー)

CAL-016 CAL-016

製品サポート